白須清敬のブログ

1ページ

 俳句2141以前は白須俳句集にアップしてあります。 
2021年8月31日記

春に鉢植えしてベランダに置いておいた内藤唐辛子実が真っ赤になってきています。元気がよさそうです。お日様の光りと水と空気中の炭酸ガスからこれだけつくれるのだから自然の力には感嘆です。
 
2021年7月11日記

夏の自宅風景断片です。デュランタ、早朝見に行くと働きバチが蜜をせっせと集めていました。枝垂れ梅は冬にピンク色の八重の花びらがたくさん付きますが夏はこんなに葉が茂っています。花の咲く冬に葉はすべて落ちています。内藤唐辛子は江戸時代に新宿四谷辺りで盛んに栽培されていて一時忘れられて廃れてしまった唐辛子ですが最近また見直されて地元の方たちが復活させた由緒ある唐辛子です。まだ実は出てきたばかりで赤くなっていません。桃は花がきれいだったので昨年地植えしたのですが花桃にまさか桃の実がなるとは思ってもいませんでした。大きさはピンポン玉くらいです。

デュランタ
 

枝垂れ梅
 

内藤唐辛子


花桃
 
 2021年4月28日記

自宅で咲いた花達の切り花。シクラメンとバラです。シクラメンはポインセチアと並んでクリスマス頃よく花屋さんなどで見かけますが外に置いといたら夏に葉がすっかり落ちてなくなり秋の終わりころだったろうかな新しい葉が出てきて春になると花芽が出てきて家では今頃咲いています。バラはピンクと黄色と赤の四季咲き。キッチンのシンクの前におきました。曲作りはいまひまをみつけて真由のテーマを編曲しています。が力不足でなかなか進まない。絵は100号の油絵ブレインヘブンを毎日少しずつ進めてます。こちらは快調。
 

 2021年4月11日記

今年も花の季節がやって来た。狭い庭にも春が来た。四季咲きのバラに蕾が沢山ついてきてシクラメンはほぼ満開アイビーも新しい緑の若葉に包まれて洋蘭も小さい新芽が出始めて花の終わった枝垂れ梅も新しい葉に入れ替わりこわい蜂も飛んできている。蟻んこも見かけるようになった。
バラとシクラメン
 
2021年3月31日記

俳句2145、桃の花散りて交代新生葉

昨年の今頃自宅玄関前横にあるほんの少しの空き地に三輪花がついてた桃の苗木を植えました。一年経って今春十数輪のかわいいきれいな花が咲きました。一週間くらい経っただろうか新しい芽が出てきて数日のうちに葉とわかるようになりと同時に花びらは少しずつ落ちていってます。狭くて申し訳ないけどよく咲いてくれたなあと思います。
 
2020年8月27日記

俳句2144、酔芙蓉何を飲んだかピンク色

宵闇迫るとこんな色になります。天気予報では9月中ごろまで30度越えの暑い日が続くそうです。太陰暦というか旧暦というかお月様の暦では今日はまだ7月9日でした。2020年の今年は閏月4月があって1年は13か月あるみたいです。太陽暦よりお月様の暦のほうが日本の気候にはあっているみたいですね。夜空を見上げると上弦の月みたいのが済んだ空にくっきり見えていました。ほんとに明日も暑そう。
2020年8月24日記

俳句2143、 鉢住まい今年も咲きし酔芙蓉

ついこの間硬い木の切り株から芽を出し始めたと思っていた酔芙蓉が今は枝も思う存分伸び花を見せてくれるようになってきている。朝咲いたときは白色だが夕方にはピンク色に変わるので酔芙蓉の名がある。この花が咲き始めると、秋、がやってきたと自分は勝手に思っている。アトリエでのF130号の油絵はまだ仕上がっていない。あと1/3くらいで完成なので頑張らなくっちゃ。おそくとも今年中にはなんとか仕上がったらいいなと思っている。
 
2020年7月27日記
いま小さなアトリエではF130号の油絵にかかっている。絵を描きながらいつもラジオやCDを聴いている。ラジオは594なのでニュースや音楽や漫才や様々な番組がある。CDは古代のギリシアやインド東南アジアの音楽から中世の西洋音楽などを経てバッハやベートーベンを過ぎいまはモーツァルトの全集150枚くらいのCDを少しずつ聴いている。絵と音楽にはどちらもいいなあと思う部分というかエリアみたいなところがあってそこが美の領域というか芸術の領域なのかなと思っている。130号の油絵、自分には大作なのでいつ仕上がるのかわからないけど、文字の日記ではなく絵の人生の記録みたいにほぼ毎日すこしずつ進めている
。 
2020年7月12日記
6月の上旬に苗を鉢植えにした朝顔がようやく咲き始めた。ほぼ毎日の水遣りと1週間ごとの追肥、葉を食い荒らす青虫の退治など花が咲いてくれるまでには結構手間がかかる。けど、毎朝起きて花開いている朝顔を見ると子供のころから慣れ親しんできた夏の風情に浸れる。今年も夏がやってきた。
 

2020年5月18日記

俳句2142、やってきた我が家の鉢も新緑が
   
今年初めての久し振りの俳句でした。日に日に緑が多くなるのに感動生きているんですね。
 
2020年5月6日記
日本画のブレインヘブン3が今日やっと仕上がりました。絵を描くときは頭に浮かんだものをさっとクロッキーしてそれから何回か(何枚か)クロッキーを続けて全体の構成などを考えてキャンバスやパネルに向かいます。キャンバスなどに描き込んだあとはこれもやはり全体の彩色を考えてから色を置いていきます。自分の場合油絵で3~4回日本画で4~5回着色していきます。色は自分の好きなメーカーや色味など油絵も日本画も約30色くらいそろえてあります。日本画は岩絵の具の筆のタッチが油絵の人工的なつるつるした柔らかい感じと一味違っていてなんとも魅力的ないい感じです。

2020年4月28日記  
まだ工事中ですが以前からweb上にあった、白須油絵集、白須日本画集、白須作曲集、白須俳句集、の4っつのサイトをひとつにまとめて新たに、「Shirasu World(白須ワールド)」=「白須清敬作品集」、として出発しました。 これからはおもに油絵と日本画と作曲についてアップしていこうと思っています。いずれも未熟で至りませんが努力を続けて参ります。


サイト運営者 白須清敬   Copyright (c) 2021 Shirasu All Rights Reserved 2ページへ  Shirasu Worldのトップページへ